ミニバンタイヤの静粛性ランキングTOP3!レビュー、動画で解説。

ミニバンに装着するタイヤも色々ある、ウェット性能、操縦安定性能、低燃費性能、乗り心地、静粛性能などなど、、今回はその中でも静粛性能だけに、的を絞りミニバンに装着するタイヤはどれが一番いい、静粛性の高いタイヤかランキングで紹介します。

ミニバンタイヤ 静粛性能ランキング

1位 ブリジストン REGNO GRVⅡ

車内空間が広く、特にリアタイヤの上に位置しているサードシート(後席)でのノイズが大きくなる傾向があるミニバンの特性。さらなる進化を遂げたサイレントテクノロジーが、車内のすべてのシートで音楽、映画、そして会話を楽しめる上質な車内空間を実現。

 

■レビュー■

・履き替えた感想
ひと言でいうと、「履き替えた瞬間から通常の道路から新しく舗装された道路を走っている様な快適」
で、別次元の走行性能になります。
この違いは、明らかな差を感じました。
タイヤ性能のキモは、静音生で紹介されているのが目立ちますが、本当の実力は運転しても疲れにくい安定した走りの方が印象深いものでした。
もちろん、静かさはあります。ただ純正も静かさではかなり性能は良かったです。カーブ性能は純正タイヤと同等のコーナリングでした。

・アルファードは2台目ですが、1台目のとき、純正からレグノに替えました。今回、点検でタイヤが車検を通るかなとディーラーに言われ、やっぱり替えるならレグノだなと思い、替えました。
静粛性は大変良いです。路面からの突き上げもかなり緩和してくれて、心地良いです。タイヤの減りは、若干他のより早いようですが、その分、快適にしてくれていると思えば、問題ないです。

・アルファードが新車から5年たち純正のトランパスにヒビが入ってしまいレグノに買い替えです。前評判や他のレビューを見て決めました。純正のトランパスとの比較です。走行性能はハンドルが軽くなりました。切れは悪くありません。乗り心地は柔らかくなったような気がします。指でタイヤを触ってみても違いはわかります。静粛性はさすがレグノ静かです。

 

2位 YOKOHAMA ADOVAN dB V552

パターンは、ブロックが小さいほど地面を叩く音が小さくなります。ひとつひとつのブロックの大きさを限界まで小さく、さらに5種類の大きさのブロックを織り交ぜ、正確に配置することによって、タイヤが地面に接地する際に発生するノイズを低減させています。

溝配置とショルダー形状を新設計

溝の配置とショルダーの形状をゼロから新設計。滑らかな接地形状を実現することで偏摩耗を抑制し、高い静粛性を長続きさせます。

部材や形状など細部までこだわり抜いた構造

  1. New dBコンパウンド
    ADVAN dBのためにキャップコンパウンドを新開発。低燃費性能とウェット性能をより高い次元でコントロールします。
  2. サイレント・ベースゴム
    キャップコンパウンドのベースとなるゴムの厚みをサイズ毎に最適化。ゴムの振動をコントロールし、人間の耳につく100~160Hzの周波数域のノイズを低減しています。
  3. サイレント・エッジカバー
    ベルト末端部の剛性をより高次元でコントロールし、タイヤショルダー部の振動を抑制。中周波域のノイズを低減します。
    ※サイズによって仕様は異なります。
  4. 低燃費サイドゴム
    クルマの重量を支え、常に変形を繰り返すサイド部の発熱を抑える低燃費ゴムを採用。燃費性能を向上させます。
    ※サイズによって仕様は異なります。
  5. 幅広サイレント・ベルト構造
    一般的なタイヤのベルトよりも幅の広いベルトを採用。ノイズの原因となる、ショルダー部の振動を大幅に抑制し、静粛性を高めます。
    ※サイズによって仕様は異なります。
  6. サイド補強ベルト
    重量級のプレミアムカーにおいても、確かなハンドリングと乗り心地を実現します。
    ※サイズによって仕様は異なります。

    ■レビュー■

    ・正直なところ、静粛性や乗り心地は、レグノの方が上と思っていましたし、交換後は、やっぱりそうかと感じましたが、思わぬ誤算でした。燃費もまずまずです。これで外側の片減りが少なければ、ヨコハマの技術者に脱帽です。

    ・大変静かになりました。毎年お盆の時期長距離を往復しますが、とても楽しみです。

 

これからは撮るだけでクルマが売れる時代 【WEBプロモーション】DMM AUTO

3位 TOYO TIRES TRANPATH LUⅡ

全席で上質な静粛性を実現

タイヤシミュレーションを駆使したパターン・構造設計により、特に高音域においてノイズを大幅に低減。

快適な空間を生むマイルドな乗り心地

スーパーハイターンアップ構造とワイドエッジプライの組み合わせにより、ラグジュアリーミニバンにふさわしい安定した走りと快適な乗り心地を実現。

 

 

■レビュー■

・交換してから2年8ヶ月、静粛性や乗り心地は上品なレベルを保っています。

・前回のタイヤが静粛性を謳っていないので、今回のはかなり静かです。

・ これが一番期待してた部分だったのですが十分満足してます。
純正タイヤも純正にしては静かなほうだと思っていたのですが、
あきらかな差がはっきりと認識できました。
路面状況によってはこのタイヤでもシャーという音はします。
それでも純正タイヤと比べると不快な音は
かなり抑えられていると思います。
舗装したての新しい道路だとほとんど音が聞こえなくなります。
ハイブリットカーとかならどれだけ静になることやら・・・。

実際にTIRES TRANPATH LUⅡに乗って静粛性を検証している動画です、見てみましょう。

下取りはDMMのスマホで査定を使ってみてください。

24時間365日どこでも、スマホ一つでわずか3分クルマの価値がわかります。

査定に必要なのはスマホ、車、車検証だけ

スマホでパシャパシャ写真を撮って最後にいくつか質問に答えれば瞬時にクルマの値段がわかります。


DMM AUTOのスマホ査定は1万円補償がついているので ボコボコの車や故障した車でも1度査定をしてみてください。


スマホで撮るだけ、クルマが売れる
【WEBプロモーション】DMM AUTO